大衆演劇『春陽座』新春公演2019 in花園会館



2019年の新春公演は、昨年大好評の
『春陽座』が
ご期待に応えて再び来演!!

公演日 2019年1月4日~1月29日 昼の部
休演日 2019年1月10日 終日

昼の部 お芝居 11:30~12:30
    お食事 12:30~13:15
  舞踊ショー 13:20~14:20

夜の部 お芝居 18:00~19:00
    お食事 19:00~19:45
  舞踊ショー 19:50~20:50

お食事とお芝居がセットになったプランです

寿コース 4500円

春コース 3500円

ご予約受付中!!

大本山妙心寺塔頭「退蔵院」 退蔵院拝観と花ごころでのご昼食プラン

%e9%80%80%e8%94%b5%e9%99%a2%e4%bd%99%e9%a6%99%e8%8b%91m%e8%b5%a4%e6%9d%be%ef%be%82%ef%bd%b1%ef%bd%b030s

国宝の瓢鯰図で有名な退蔵院。紅葉に色づく余香苑と室町期の枯山水庭園などお楽しみください。

期 間 2018年11月1日(木)~12月2日(日)

拝 観 9:00~16:00
お食事 11:00~13:30
※ 退蔵院拝観と花ごころでの紅葉御膳の昼食

料 金 退蔵院拝観付き 3,900円(税サ込)

花ごころから退蔵院までは徒歩5分ほど
まずは、花ごころにお寄りください。
拝観券をお渡しいたします。
直接行かれても拝観できません。

東林院「沙羅の花を愛でる会」と昼食プラン

特別料理 沙羅

5fb6bb479b9d2633fd76

沙羅双樹の寺として知られる妙心寺塔頭「東林院」には、十数本の沙羅双樹からなる「沙羅林」がある。梅雨の頃に白い椿のような花を咲かせ、朝咲くと夕方には散るというところから「一日花」とも言われる。庭に散った風情もまた美しい。

東林院「沙羅の花を愛でる会」
お抹茶付き沙羅の花を愛でる会と花ごころでの昼食付きプラン【特別料理:沙羅】

料 金
3800円(税込)

期 間
2018年6月15日~2018年6月30日

拝観時間
9:30~16:00(15:30受付終了)

お食事時間
11:00~14:00

完全予約制
予約の方は花ごころまでお電話ください。

 

法金剛院「待賢門桜」と昼食プラン

 

期 間
平成30年3月28日(水)~4月15日(日)

拝 観
関西花の寺「法金剛院」
9:00~16:00(最終受付15:30)
※拝観券を食事場所「花ごころ」にてお受け取りください。

食 事
・場 所: 花園会館 京料理 花ごころ
・時 間: 11:00~14:00
・料  理:「桜花膳」

価  格 3,800円税込

法金剛院
平安時代の初め、右大臣清原夏野の山荘を没後寺に改めた。開基は待賢門院とされる。京都では珍しい律宗の寺院です。庭は極楽浄土に見立てた浄土式庭園であり、一隅には日本最古の人口の滝「青女の瀧」があります。待賢門院にちなんで名づけられた「待賢門院桜」はヒガンザクラ系のベニシダレザクラの変種で、花の色が紫に見えるので別名「紫の桜」とも呼ばれてます。

京都―妙心寺塔頭 退蔵院拝観【紅しだれ桜】と花ごころでの昼食プラン

期  間 2018年3月28日(水)~4月15日(日)― 9:00~17:00

拝  観 妙心寺塔頭「退蔵院」

※拝観券を「花ごころ」で受け取ってください。

食事場所 花園会館 花ごころ

お一人様 3,800円税込

退蔵院  1404年(応永11)波多野出雲守重通が無因宗因禅師を開山として建立されました。山内には、室町期の庭 史跡・名勝の「元信の庭」と四季折々の景色が美しい昭和の名庭 池泉回遊式庭園「余香苑」があります。庭には、紅い蕾の紅しだれ桜が美しく、50年ほど前の余香苑完成時に植えられました。可愛らしい八重の鮮やかな花をお楽しみください。他にも、水墨画の祖といわれる画僧如拙の描いた室町時代の国宝 瓢鯰図(ひょうねんず)(模本)は必見。

 

妙心寺塔頭 大法院「新緑の露地庭園特別公開」と昼食プラン

期  間 2018年4月1日(土)~5月6日(日)

価  格 お一人様 3,800円

拝  観  妙心寺塔頭「大法院」
9:00~16:00(15:30受付終了)
※大法院ではお抹茶・お菓子付が付きます。

※拝観券を食事場所「花ごころ」にてお受け取りください。

食  事
食事場所: 花園会館 京料理 花ごころ
食事時間: 11:00~14:00
料  理:京の竹籠膳

大法院  寛文二年(1662)、松代藩主であった真田信之の孫・長姫が信之の遺命で菩提寺として創建されました。客殿から望む庭園は、四畳半の草庵風茶室「有隣軒(ゆうりんけん)」に至る外露地、中露地、内露地に分かれた露地庭園です。
妙心寺境内の中でも奥まった場所に位置していることから静けさに包まれ、楓や苔などの深い緑に覆われた風情ある露地庭園からは、遠く双ヶ岡(ならびがおか)を望むことができます。