法金剛院「待賢門桜」と昼食プラン

 

期 間
平成30年3月30日(土)~4月15日(日)

拝 観
関西花の寺「法金剛院」
9:00~16:00(最終受付15:30)
※拝観券を食事場所「花ごころ」にてお受け取りください。

食 事
・場 所: 花園会館 京料理 花ごころ
・時 間: 11:00~14:00
・料  理:「桜花膳」

価  格 3,800円税込

法金剛院
平安時代の初め、右大臣清原夏野の山荘を没後寺に改めた。開基は待賢門院とされる。京都では珍しい律宗の寺院です。庭は極楽浄土に見立てた浄土式庭園であり、一隅には日本最古の人口の滝「青女の瀧」があります。待賢門院にちなんで名づけられた「待賢門院桜」はヒガンザクラ系のベニシダレザクラの変種で、花の色が紫に見えるので別名「紫の桜」とも呼ばれてます。